人はどんな時に変われるのか?

こんにちは

子育てママの
安心と自信を取り戻す

ライフ・フラッグコーチング まりんず りえです。

 

 

 

「自分を変えたい・・・」

「変わりたい・・・」

 

 

人生に行き詰まった時、

上手くいかなかった時、

自分ってダメだって思った時、

自分のこと嫌いになった時、

 

 

人それぞれ、いろんなタイミングで

「変わりたい!!」

そんな思いに駆られると思います。

 

自分なりに一生懸命やっても

良い結果が得られない時は、

 

「きっと変われない・・・」

 

半分あきらめの気持ちが溢れたり、

頑張る気力が失われたりするのではないでしょうか?

 

 

では、いったい

人はどんな時に変われるのでしょうか?

 

 

 

それは・・・

 

 

「どこまでも自分を見守ってくれる人」

「どこまでも自分を信じてくれる人」

その存在です。

 

 

私は兄の介護をしているのですが、

兄は脳の手術をして、植物状態になりました。(現在は、要介護3)

 

39年間、健康体で生きてきた人が

ある日、突然、植物状態。

そこから、少しずつ少しずつ、回復していきました。

 

目を開ける

指が1本動く

指が2本動く

片手が動く

 

8年かけて、車いすにも座れるし、

ご飯も自分で食べられるまでに回復しました。

 

回復過程では、自暴自棄になり、

リハビリへのモチベーションも下がり、

生きることにも消極的になっていたこともあります。

 

 

だけど、

ある時を境に生きようとしました。

 

 

それまでの兄は、自分の姿が嫌いだったし、

自分が回復するだなんて、信じられなかったし、

これから生きていく事に対して、希望を持てなかったし、

生きることに何の意味も見いだせなかった。

 

だけど、

「どんな時も変わらず見守ってくれる存在」

「どんな時も変わらず自分を信じてくれる存在」

 

そういう存在が目の前にいる事で、

自分は1人じゃないということもわかったし、

どんな自分でも愛されていることも感じました。

 

その時の兄はまだ、自分を信じきれなかったけれど、

信じてみようかなと思える瞬間があって、

 

そこから回復の力が強まったのです。

 

 

過去と他人は変えられない

変えられるのは自分と未来

 

もちろん、自分が行動を起こさないと、

なにも変わりません。

 

だけど、どんな人にも支えは必要です。

 

 

自分が自分を励ましたり、応援したり、労われたり

それができたら最高ですが

 

どん底状態であったり、

長年、生きづらさを抱えていたりすると、

なかなか、自分で自分を支えることが難しいです。

 

 

「変わりたい!!」

1歩目の行動はあなたにしか起こせませんが、

人の支えを借りることは、とてもとても大切です。

 

もし、あなたが変わりたいと思いながらも

なかなか足を踏み出せず、

心も前向きになれずに立ち止まっているのなら、

 

「どんな時も変わらず見守ってくれる存在」
「どんな時も変わらず自分を信じてくれる存在」

 

があなたに必要です。

 

 

抱えている悩みを打ちあけるだけで

心が整い、未来の旗が立つ

 

ライフ・フラッグコーチングでは

あなたを全力でサポートいたします。

 

zoomオンライン
お試しカウンセリングのお申込はこちらから
↓↓↓

 

今ならお試しカウンセリングを実施しています。

毎月先着5名さま限定です。

 

 

 

*******************************************************************************

もしよろしければ、わたしのプロフィールページもご覧ください。

カウンセラーとしての想い、過去の生きづらさ、克服など詳しくご覧いただけます。