プロフィール

プロフィール


はじめまして。

ライフ・フラッグコーチング まりんず  りえ です。

 

 

 

 

 

 

 

カウンセリングを受ける時、ドキドキしますよね。

「この人、大丈夫かな・・・」と不安になったりもしますね。

 

写真だけでは伝わりにくいですが、

私の性格は、明るく、穏やかで、周りからは癒される、ほっとする、安心するとよく言われます。

カウンセリングでは、ご相談者さまを安心感でお包みできるよう心がけています。

 

カウンセリングやコーチングを受ける場合には、カウンセラーである私との相性がとても大切になってきます。ぜひ、あなたの直感を大事にしてください。

少し長いですが、私がどのように悩み、生きづらさや自信のなさを克服したのか、どうぞお時間をつくってご覧ください。

 

現在、子育て(息子2人)真っ最中。中学生・小学生ママです。

 

人生って楽しい!!~
どん底が始まる前の私


 

私は以前、保育士をしていました。

「子どもに携わる仕事がしたい」と決め、夢を叶えました。

 

私が、保育の現場で大切にしていたことは、「聴く」ことでした。

子どもに問題行動があっても、何か理由があるはずだ。と根気よく耳を傾けました。

 

「聴く」「褒める」「励ます」「導く」

そんな関わりを通して、子どもたちに「安心」「自信」の土台作りをしていました。

さらには、個性を大切にする教育を学びたくて、海外へ幼稚園ボランティアにも参加し、幼児教育には10年以上携わってきました。

 

やりたいことを叶え、人生がうまくいっていると実感。

「人生って、めっちゃ楽しい!!」

 

 

しかし、あんなに楽しかった人生が、

 まさか、真っ暗闇のどん底に落ちちゃうとは・・・!!

 

 

感情に蓋をした~
生きづらい人生がスタート


出産して半年後に、父の自死。。。

「深い悲しみ」
自分が抱えられる許容範囲を、はるかに超えていました。

 

それらを感じてしまうと、

自分が崩れ落ちるような気がして、「悲しみ」に蓋をすることを決めました。

 

(・・・それが、後々の自分を苦しめることになるとは思いもしませんでした。)

実は、感情は「喜怒哀楽」すべて繋がっていて、「悲」を抑えると「喜」も抑え込まれるのです。

 

父を失ってから
「どうして私は助けられなかったのだろう」

「もっとこんな言葉をかけてあげればよかった」

 

罪悪感を背負ってしまい、そのせいで毎日を心から楽しめなくなってしまいました。
「楽しんじゃいけない」「幸せになっちゃいけない」と自分を罰しながら生きていたのです。

 

この頃から、
「自分を責める」が習慣化されていきました。

事あるごとに自分を責め続け、心が重たく、苦しくなっていくのでした。

 

 

 

無感情・無感動

 

自分の世界から色が消えました。
空も海も太陽も、すべてグレー、何を食べても、味も香りもない。

 

悲しみに蓋をして、悲しみの痛みを味わなくて済んだものの、

喜びや楽しさも味わえなくなってしまいました。

 

悲しいと落ちることもなければ、うれしいと飛び上がることもない。

 

淡々と、淡々と・・・
時間が過ぎていくだけでした。

 

父の死によって、1番、苦しかったのは
「自分の存在を全否定された」そんな感覚に陥ったことです。

自分の存在価値に自信がもてなくなったのです。

 

生きづらい地獄の日々がスタート。

 

5年後、ここはどん底だから上がるしかない!と立ち上がった時、さらなる不幸がやってきました。

兄が脳の手術を受け、数時間後には、植物状態になっていたのです。

 

あの時の気持ちは、言葉で表現するのが難しく、

「つらい」 そんな3文字では収まらないもの。

 

当時の私は、長男(5さい)次男(1さい)
小さな子どもを抱えての看病、介護、子育て、一気に押し寄せ、不安でいっぱいでした。

 

どん底から、さらにどん底

地中深くの穴ぐらに落とされたような感覚でした。

 

 

人に弱音を吐けなかった私は、「助けて~」と心の中で叫んでいて

いつか誰かが気づいてくれたらいいなと思っていました。

 

もちろん、そんな日がやってくることはなく、ただ時間が流れていくだけでした。

ずっと苦しみを1人で抱え込んでいました。

 

当時の私は、こんな感じでした。
↓ ↓ ↓

・自分に自信がない
・自分を好きと思えない
・人の目が気になる
・いい人でいようとする
・ちゃんとしているフリ
・大丈夫なフリ
・人の顔色を伺う
・自分を大切にできない
・他者優先、自己犠牲
・自己否定
・自分を責める
・いつも不安
・自分の思いが言えない
・怒りが出せない

 

「自己肯定感」

そんなものはありませんでした。

 

肯定どころか、否定ばかり。褒めるどころか、責めるばかり。

自分を責めることが日常化されていました。

 

自分はダメだから、がんばらなきゃ!

責める→頑張る→責める→頑張る

そんな繰り返しでした。

 

 

 

心にも体にも異変が~
ひと
筋の光が射してきた


 

私は苦しかったけれど、どうしたらよいのかわからなかったし、

時が経てば、そのうち良くなるんじゃないかと思っていました。

 

でも・・・

時が経っても解決どころか、どんどん苦しくなるばかりでした。

 

ある時、なんだか喉が詰まる感じがして、息苦しい症状が出始めました。

カラダはSOSサインを送っていたのです。

 

それをきっかけにカウンセリングを受けました。

 

 

カウンセラーの先生が

「悲しかったですね。」「つらかったですね。」

 

この言葉によって、これまで抑え込んでいた感情が一気に溢れだし、

とめどなく涙がポロポロ流れるのです。

 

悲しい出来事だったんだ。悲しいと言っていいんだ。

と、初めて自分を抑え込まずに表現できました。

やっと、重荷をおろせた感覚でした。

 

「人に打ちあける」

そこから一筋の光が見え始めました。

苦しさから抜け出す大きな1歩となりました。

 

この時の体験が、私のカウンセリングの軸にもなっています。

たった1人でも寄り添ってくれる人がいると救われるのです。

 

気がつくと、あれだけ苦しかった喉の詰まりも取れていました。

 

 

心理学と出逢い~
まずは、自分を救うことが先


 

「兄の心を支えたい!!」
その想いで、心理学を学び始めました。

 

初日から、雷に打たれたような衝撃を受けます。

 

「生まれてから死ぬまで、24時間、
片時も離れずあなたと共に過ごしてくれる人は誰でしょう?」

 

両親?

兄弟?

パートナー?

友人?

 

 

答えは・・・

 

自分です。

 

 

!!!!!!!!!!!

 

おかしいかもしれませんが、

「えー?! 私はココにいるんだ!」

ハッとしたんです。

 

それまでは、他者優先、自己犠牲で、

自分の人生を生きているはずなのに、そこに自分がいませんでした。

ずっと気づかず、一生懸命に他人の人生を生きていたのです。

 

さらに、先生はこう言いました。

「人を救う前に、まずは自分が先ですよ!」

 

 

この言葉が、心にグサッと刺さりました。

人を救う前に、

自分を救いなさいよ!!

そんな風に私には聞こえたのでした。

 

それまでは、生きづらい自覚はあったものの、自分に問題があるだなんて、これぽっちも感じていませんでした。

 

でも、先生の言葉に

どうやら救うべきは、自分なのかもしれないと思い始めました。

 

自分を大切にするの意味がわからなかった私が、「自分と向き合う」という課題に、真剣に取り組み始めたのです。

 

 

自分らしいとは?~
自分を知ることから始める


 

当時の私は
「自分が何者かわからない」状態でした。

 

自分らしさ?
そう言えば、自分らしさって何だろう?

 

自分の好きって何?嫌いって何?自分の性格って?

 

そんな中、
私は、「自分を知ること」から始めました。

小学校、中学校で
友人、恩師からもらったメッセージカードにヒントがあるかも・・・

 

押入れの奥底から取り出して、一心不乱に読み始めました。

 

 

そこには、

「明るい」「笑顔」「やさしい」

私の人物像が描かれていました。

 

それらを1つずつ
1冊のノートに書き留めていきました。

私はそれを

「褒めノート」と呼んで

人から褒められた言葉を、書き足していきました。

 

当時の私は、自分に自信がなく、

自分を責めてばかり。

 

人から褒められても、

「いやいや~。そんなことないですよ。」と否定していました。

 

自分がわからなくなった時は、

「褒めノート」を何度も何度も読み返し、

自分を励まし続けていました。

 

 

自分の心の声を聴く~
感情を抑え込んでいたツケが回ってきた!


 

「褒めノート」のおかげで

少しずつ、「自分らしさ」という感覚が戻ってきました。

 

すると、今度は新たなる問題にぶつかりました。

 

「自分の感情がわからない」

 

カウンセリングの時、カウンセラーの先生から
「自分の心に聴いてごらん」と言われました。

 

自分の心に聴くって?
言っている意味がわからないと思いました。

 

私は、長年、自分の感情を封印してしまったせいで、
悲しいとか、つらいとか、感情のセンサーがさびついて、鈍っていました。

おまけに、我慢グセも習慣化され、自分が我慢していることにさえ、気づかないくらいでした。

 

 

自分の心の声を聴く

 

思うように声が聞こえず、腹が立ったり、

このやり方で合っているのか、不安になったりと、悪戦苦闘しました。

 

長年、私が自分を無視し続けてきたので

自分の中にいるインナーちゃんとの信頼関係ゼロ。

 

でも、返事がなくても、

「もう自分をほったらかしにしたくない!」と向き合い続けました。

 

しばらく続けていると、自分の中に変化が訪れました。

感情の蓋が開き始めたのです。

 

いろんな感情をキャッチできるようになりました。

と同時に、溜め込んでいた感情が溢れかえって大変でした。

 

「怒りのコントロールができない!!」

 

 

実は、感情の蓋が開いたら
真っ先に「怒り」が戻ってくると言われています。

 

帰ってきてくれたのは、よかったのですが、大暴れして、自分でも自分じゃないみたい

 

ボリューム調整ができない”壊れたラジオ”みたいになっていました。

 

当時の私は、感情を抑え込んでいたので、あまり怒ることがなく、

溜めて溜めて、どっかーん!と噴火タイプでした。

 

ある日、家族にカァーっと怒りが湧いた時、

自力で感情のコントロールできなかったんです。

 

火がついたら止まらない。

だれか止めてくれ~。

 

顔は真っ赤、動機、息切れ、

ゼェゼェ、ハァハァ、普通とは思えない状態でした。

 

怒った後は、体はどっと疲れるし、

子ども達を驚かせ、恐がらせ、

家族を傷つけ、とても苦しかったです。

 

「こんな怒り方をしていたら体が壊れる・・・」

 

そう思って、怒りについて学び、

適切な対処法について理解を深めました。

 

 

 


子育てがうまくいかない~
自己肯定感が低い我が子。どう
したらいいの?~


 

私は、自分の生きづらさでも悩んでいましたが、

繊細で感受性の強い息子の子育てでも悩んでいました。

 

些細なことで落ち込んだり、対人関係のトラブルで泣いて帰ってきたり、

できないことがあると、ひどく取り乱したり。

 

気持ちの切り替えができなくて、

授業中、1時間もずっと机に伏せていたり。

 

「なぜ、我が子は・・・」

「なにか、問題があるのだろうか・・・」

「私の育て方が悪かったのか・・・」

 

自分も子どもも責めました。

 

息子の口癖は、

「ボクはできない・・・」

「ボクはダメな子・・・」

 

自己肯定感ゼロ

 

ショックでした。

一生懸命、愛情を注いで育てたつもりなのに・・・

 

 

息子を悩ませていた問題の1つに

「友達に“NO”が言えない」がありました。

 

 

それはダメだと思って、

子どもを変えようと必死でした。

「自分の気持ちを言わなきゃ、いけないよ!」と注意しながらも、

 

「おい・・・どの口が言うか?!」

心の中で、自分に突っ込んでいました。

 

だって、私も他者に対して

自分の気持ちが言えなかったんですから。

 

そこから、自分の中にスイッチが入りました。

あれ?

おや?

まてよ・・・

 

当時、息子をみて、私はこんな風に感じていました。

↓ ↓ ↓

・自分に自信のない
・自分はダメだと責める
・自己肯定感が低い
・自分の言いたいことが、人に言えない
・人から嫌なことをされても「NO」と言えない
・人に合わせてばかり

 

あれ・・・?

 

これ、私だ!!

 

 

私の自己肯定感。

確かに、低い・・・

 

”子は親の鏡”

 

子どもの姿を通して、自分が映し出されているようでした。
まさに投影です。

 

「変わる」必要があったのは、子どもじゃなかった。
わたし自身だった!!

 

 

未来に目を向け始めた~
なりたい「未来の旗」を立てる


 

カウンセリングを続け、心が楽になっていきました。

でも・・・
長く、心と向き合ってきたはずなのに、なぜか完全に心が晴れない。

 

で。ある時、気づいたんです!

 

これまで受けたカウンセリングは、「過去の癒し」ばかりだった。

もちろん、過去の癒しも大切なプロセスだけど、それだけでは限界なんだと。

 

未来を描く大切さに気づきました。

未来を決める

人生ってカーナビと同じなんだと思いました。目的地を決めたら辿りつく!

 

だから、

「未来の旗」を立てました。

 

すると・・・

現実がどんどん動き始めたのです!

 

決めると叶う

 

”魔法の法則”です。

 

 

あるメソッドによって、
10年以上悩んでいた不安感が解消


 

現実がどんどん動き始めると、

今度は「不安」がやってきました。

 

やるぞ!と思っていても、

不安感が、私の足を引っ張ってくるのです。

 

ゴール間近なのに、くやしい~。

私は一生幸せになれないのか・・・

なんで~と悔しくて涙がでました。

 

でも、あきらめきれなかった私は、

いろんな心理療法を試すうちに、ついに辿りついたんです!

 

見つけました。「安心感」を育む方法を!!

 

それが、

「ライフ・フラッグコーチングのメソッド」です。

 

いつでも、どこでも

自分で「安心感」が育めるのです。

 

あんなにカウンセリングを受けても、

不安を手放せなかった私が、ウソのように不安感がなくなっていったのです。

これにはビックリしました。

 

でも、いちばん驚いたことは

不安は近づくと安心に変わる

 

私は不安があるのに、

それを感じたくなくて、逃げていました。

でも、不安から逃げると安心感も逃げたのです。

 

今のわたしは、毎日が心穏やかで、

なんか幸せ!! そんな感覚になっています。

 

「人生ってめっちゃ楽しい!!」と感じられる

このステージに再び戻ってこられて、本当によかったなぁと思います。

 

 

 

 

ほんの少しの勇気があったなら・・・


 

ずいぶんと遠回りした人生。

あの日から時間が流れること・・・10年。

 

私に、ほんの少しの勇気があったなら、

きっと、もっと早くにラクになって、もっと早くに人生を楽しめていただろう。。。

 

でも、今になって

「あの時に・・・」と後悔しても、時すでに遅し。

残念ながら、失った時間は取り返せません。

 

だから、かつての自分のように1人で悩みを抱え、生きづらさを感じている方へ伝えたいです。

 

1人で頑張らなくていい。

 

あなたに必要なのは、

一緒に伴走してくれる「コーチ」

 

 

コーチに頼る

あなたのほんの少しの勇気が

未来のあなたを幸せにします!!

 

もし、あなたがコーチを探しているなら、

ぜひ、ライフ・フラッグコーチングにご相談ください。

 

ライフ・フラッグコーチングで 
 あなたの人生が変わります。

 

まずは、お試しカウンセリングを受けて、

カウンセラーとの相性を感じてみてください。

あなたの直感を大事にしてくださいね。

 

それから・・・

兄のために学んだ心理学でしたが、その後、兄はどうなったのか?

 

「生きるのがしんどい」からスタートし、今では、体は不自由だけど、心は自由に、

「俺は120%幸せだ!!」

「カウンセリングって聴くだけと思ってたけど、わかってくれる人がいる。それだけで元気になる。ありがとう。」

 

植物状態から要介護3まで回復しました。記憶障害や認知症も改善されています。

 

さらに・・・
自己肯定感ゼロだった息子ちゃん。

母:「自分のこと好き?」

子:「もちろん、好きだよ。」

母:「どうして、好きなの?」

子:「だって・・・ボクはボクだから。」

 

真っ直ぐに、堂々と答える頼もしい姿がありました。

 

みんな、自分らしく幸せに生きています。

そのまんまの自分でいいんだ!って。

 

 

かつての自分にかけてあげたかった言葉

「もう自分を責めなくていいんだよ。」

 

それをいち早く

あなたに伝えたくて、カウンセリングをしています。

 

だから、

あなたも、もう自分を責めないでください。

 

「未来の旗」を手にして、

自分らしく幸せな人生を手にしてほしいなと思っています。

 

そして、

あなたが元気になったら、あなたの優しさや思いやりを

お子様へ、旦那様へ、ご家族様へ、

「優しさのバトン」を繋いであげてください。

 

 

 

 

 

そうすれば、

お子様から学校へ

旦那様から職場へ

ご家族様から地域へ、そして社会へ。

 

 

 

 

 

 

 

どんどん「優しさのバトン」が繋がっていって、やさしい世界が広がります。

 

まずは、私からあなたへ

「優しさのバトン」を繋いで参ります。

あなたの幸せを心から応援しています。

 

 

ここまで私の長いプロフィールを読んで下さって、本当にありがとうございます。

あなたとカウンセリングでお会いできることを、楽しみにお待ちしております。

 

ライフ・フラッグコーチング
まりんずりえ

 

zoomオンライン
お試しカウンセリングのお申込はこちらから
↓↓↓