お客様の声「嫌いな相手なのに、嫌われたくないと気持ちもあって・・・」

こんにちは

子育てママの
安心と自信を取り戻す

ライフ・フラッグコーチング まりんず りえです。

 

 

嫌いな相手なのに

嫌われたくない気持ちもあって

曖昧に濁して、その場をやり過ごしていた・・・

 

 

この言葉は、

先日、カウンセリングを受けられた

ご相談者さまの声でした。

 

 

人に自分の思いが言えず、

自分の思いが言えるようになりたい!と

カウンセリングを受けてくださいました。

*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*゚ *:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*゚・

 

相手から嫌なことをされたり、言われたりしても、

それを受け入れてしまったり、

心のうちに溜めこんでしまったり。

 

溜め込んだものは、

どんどん溜まって

いつかドカーンと爆発します。

 

爆発は、自分を傷つけるだけでなく、

相手も傷つけてしまいます。

 

 

人に好かれたい。

たとえ好かれなくても、嫌われたくない。

 

そういう気持ちは

誰もが持っている感情だと思います。

 

 

人の顔色を伺って、

自分の気持ちが言えない人の多くは、

 

根底に

「人に嫌われたくない」

その想いが過剰に出てしまっています。

 

 

人に嫌われたくないから

 

我慢する・・・

なかったことにする・・・

黙ってやり過ごす・・・など

 

対処しがちです。

 

 

しかし、

それを続けていると

心はドンドン苦しくなるばかりです。

 

 

自分の心は

 

感情を押さえつけられて

我慢させられて

 

幸せでいられるはずもありません。

 

 

ここで、考えて頂きたいのが

 

人が自分を好きになるかどうかは
相手が決めること。

 

そこは、

自分ではどうすることもできない領域なのです。

 

 

自分がどれだけ

いい人を演じて、

いい人でいたとしても

 

相手が

あなたをいい人だと感じる とか

あなたを好きでいてくれる とか

必ずしもそうなるとは限りません。

 

 

 

だとしたら、

取り越し苦労も多くなるわけです。

 

 

嫌いな相手なのに

嫌われたくない気持ちもあって

曖昧に濁して、その場をやり過ごしていた・・・

 

 

この行動は、

自分に嘘をついているし、

相手にも嘘をついています。

 

自分にも、相手にも不誠実です。

 

 

これは、

自分も周りも不幸になる

という事を意味しています。

 

2人とも不幸になるのであれば、

少なくとも1人を救うことはできるはずです。

 

 

自分の気持ちに正直になって、

自分の気持ちに誠実になって、

自分の本当の気持ちに寄り添ってあげてください。

 

きっと、あなたの心は

それを望んでいるはずですよ。

 

自分にも相手にも誠実になって

上手に自分の思いを伝える方法を学んでみませんか?

 

お試しカウンセリングのお申込はこちらから
↓↓↓

毎月先着5名さま限定です。

 

 

*******************************************************************************

もしよろしければ、わたしのプロフィールページもご覧ください。

カウンセラーとしての想い、過去の生きづらさ、克服など詳しくご覧いただけます。